MEL Premium Passが使えるメンズエステ

BODY TALK(自由が丘) 加賀れいな ―技術とドキドキのバランスが秀逸―

Written by おちゃっそー(ochassow)

すごく久しぶりにお邪魔した、自由が丘のメンズエステ「BODY TALK(ボディートーク)」。突然のある告白から始まり、和やかな雰囲気でスタート。技術とドキドキが素晴らしいバランスで、時間いっぱい癒やされたメンズエステ体験。

店舗情報

店舗名BODY TALK(ボディートーク)
最寄駅自由が丘
部屋ファミリータイプ
営業時間12:00〜24:00
カード利用利用不可

自由が丘駅から3分ほど歩いたところにあるマンション。ほぼ真っすぐ歩くだけなので分かりやすい。

着替え後はバスローブであったり、シャワールームにはメッシュタオルが置いてあったり、細かいところに気遣いあり。

コース/お支払い

今回は120分コース。お支払いは14,000円。

曜日限定だが、かなりオトクな「スーパー早割」という割引がある。

内訳
  • ヒーリングストレッチコース120分(20,000円)
  • 魅惑のOPIUMコース20分(4,000円)
  • スーパー早割(-10,000円)

セラピスト

今回担当してくれたのは、加賀れいなさん。

サイトではこんな紹介が…

モデル系美人セラピストで性格も良く女性用サロンで勤務していたので施術内容もとてもシッカリしています!

スラッとスタイルの良いセラピストさん。サイトの紹介通り、性格もめちゃくちゃいい。

技術力があるだけでなく、メンズエステ的なポイントを押さえているのが良かった。バランスが良い施術スタイル。

施術

久しぶりのBODY TALK。ワクワクしながらインターホンを鳴らす。

加賀れいな

こんにちはー❤

思っていた通り、スラッしたスタイルの美人。笑顔も素敵!

「実はTwitterで見て、気になっていた」なんて、恥ずかしくて言えない…。

部屋に案内され、カウンセリングシートを記入。その後、シャワーを浴びる。

シャワールームにはスポンジではなく、メッシュタオルが。背中までしっかり洗えるので嬉しい。

戻ってくると、まずはうつ伏せから。

加賀れいな

うつ伏せでお休みください❤ あと、最初に言っておきたいことが…

…(笑)。ありがとうございます(照)。

言っておかないと施術に集中できないということで、ある告白からスタート。ドキドキした…。

そんなこんなで、まずは全身をドライトリートメント。カウンセリングシートで疲れていることを伝えたので、凝っているところや張っているところを、ゴリゴリとほぐしてくれる。

加賀れいな

めちゃくちゃ体疲れてますね(笑) 施術しがいがあります❤
そうなんです…

おちゃっそー

レディースエステの経験もあるため、圧のかけ方が上手くて気持ちいい。技術力はピカイチだ。

加賀れいな

では、オイルつけていきますね❤

オイルトリートメントもさすが。体中のリンパをスーッと流していく。

背中と肩周りは特に重点的に。ゴリゴリ…ゴリゴリ…と部屋に鳴り響く。

この痛気持ちいい感じ。疲れている体にはたまらない。

加賀れいな

足を外に曲げてくださいね❤

ここからカエル足。カエル足になると、両腕でSKBを抱え込み、グルグルと腕を回していく。

SKBのリンパがしっかり流されていると同時に、キワ施術によるドキドキ感。これは…いい!!

この素晴らしい演出。加賀さんの施術は、技術とドキドキのバランスが非常に良い。

加賀れいな

はい、仰向けでお休みください❤

もう仰向け。時間が経つのが早い。

加賀さんは頭のほうへ移動し、首から肩、デコルテのリンパを流していく。

うおお…痛気持ちいい…。

首筋への施術をくすぐったいと思わなかったのは初めてかも。すごく心地よかった。

加賀れいな

では、オピュームやっていきます❤ 横向けでお休みください❤

ここからはオプションの「魅惑のOPIUMコース」。横向きで後ろから全身をさわさわ。

デコルテとSKBを後ろから攻めてくる。さっきよりも柔らかなタッチでフワッと…。

加賀れいな

気持ちいい?
う、うん…

おちゃっそー

これには即答で「YES」。それ以外の答えは持ち合わせていない。

左右どちらの向きでも同じように攻められ、オプションの間はずっとドキドキしていた。序盤はしっかりめの施術だっただけに、そのギャップはより激しく感じる。

加賀れいな

はい…お疲れ様でした❤

最後はホットタオルで軽く拭いてもらい、楽しい時間は終了。

終わったあとの体は軽く、体調が良くなっているのが分かった。施術中も、徐々に加賀さんとの会話も増えてたし(笑)。

加賀さんの施術は、技術とドキドキのバランスが秀逸。終わった後にも、じんわりと深く感じる素晴らしさがある。

※個人の体験であり、内容を保証するものではありません