「お客さまが本当にリラックスできる空間」はなにか。マギカスパ蒼井ゆめが追求してきた“大切にしたいこと”

「元気になりたいときに来る。そんな場所になってたらいいな」

そう話すのは、渋谷「マギカスパ」のオーナーセラピスト、蒼井ゆめさん。

なぜオーナーセラピストとして活動し始めたのか、どんなセラピストでありたいか、その胸に秘める想いを聞いてきました。

結局は自分次第。技術や知識を学び、それを活かす

── 早速なのですが、メンズエステで働くことになったきっかけはなんですか?

蒼井ゆめ:友人である某メンズエステのオーナーセラピストさんに誘われたのがきっかけでした。

「アロマの免許取れるよ!」と誘われ、だったらやってみようと。そしたらメンズエステだった、という話ですね。

── メンズエステって免許取れるんでしたっけ?

蒼井ゆめ:メンズエステでは取れないよね笑。

でも勉強さえすれば、(他の機関で)アロマやマッサージの資格や免許は取れる。結局は自分次第かなと思います。

── さすがです。実際、蒼井さんは資格や免許、ディプロマなどは持っているのですか?

蒼井ゆめ:いくつかは持っています。

── なんでまた取得しようと思ったのですか?

蒼井ゆめ:将来的に“潰し”が効きそうと思ったからでしょうか。あと、メンズエステ以外でも働けるのもよかったことの一つだと思っています。

色々なところで技術や知識を学びながら、それを活かした仕事ができる。これが楽しかったりするんですよね。

スタートは不安ばかり。応援してくださる方がいたから頑張れた

── ありがとうございます。蒼井さんがオーナーになろうと思ったきっかけはなんですか?

蒼井ゆめ:フリーセラピストとして活動していたとき、使えるレンタルサロンが少なかった。

そんななか、たまたま許可物件の空きを知り、「もう部屋を借りてやってみよう」と思ったのがきっかけです。

── お部屋を持って運営するのに不安はなかったですか?

蒼井ゆめ:もちろん不安ばかりでした。不安しかなかったです。

そのタイミングで離れていったお客さまもいました。はじめは新規のお客さまもなかなか来なかったので、それも不安でしたね。

── そうですよね…。

蒼井ゆめ:あと、お客さまや他のセラピストさんから心無いことを言われることも正直ありました。

何気ない一言だったかもしれませんが、そのときはすごく傷つきましたね。「なんでそんなこと言うんだろう」って。

それが本指名の方だったり、ちょっと仲良かったセラピストさんだったりしたので、余計に。

── そうだったんですね。なんでそんなことを言われなきゃいけないんだ。

蒼井ゆめ:置いてけぼりを食らった感じなんでしょうか。好きなバンドがメジャーデビューすると好きじゃなくなるみたいな感じ。ずっとインディーズでいてほしいみたいな笑

でもそう言ったお客さまは半年くらいで戻ってきてくださったんですよね。

シレッと戻ってきて、言ったことを忘れてるんじゃないかという感じだったので、本当に「何気ない一言」だったんだなと思いました。

なんか気にしてるのはこっちだけかと思って、今は全く気にしなくなりました。

── 勝手に順調なスタートだと思っていたのですが、色々とあったのですね。

蒼井ゆめ:もちろん、応援してくださる方も多かったです。

そういう方々がいたから、これまで頑張ってこれました。感謝しています。

「知らない」から「知っている」に。その瞬間がたまらなく好きでやめられない

── 今度は蒼井さんご自身のことについて少し聞かせてください。ズバリ、「こういうお客さまが好き!」みたいなのってありますか?

蒼井ゆめ:難しいな…笑

「素直な人」「気持ちいい人」「スレていない人」「いい・悪いを言える人」でしょうか。

やっぱり初めましてだと、どういう施術が好みなのかわからないので、「それは好き・好きじゃない」を言える人だとやりやすいですね。

── なるほど。ちなみに施術中は喋るタイプですか?黙っているタイプですか?

蒼井ゆめ:基本はお客さまに合わせますね。お話好きなら話しながら施術しますし、静かな方なら私も黙っています。

個人的には話さないほうがやりやすいですね。集中してお客さまの身体に向き合えるので。

知らない状態から知っている状態になる。この瞬間がすごく好きですね。

── プロ!素晴らしいですね。ちなみに何か好きなこととかあります?趣味とか。

蒼井ゆめ:アニメが好きなのと、温活が好きですね。温泉とかサウナとか岩盤浴とかよもぎ蒸しとか。

お茶も好きです。特に中国茶が好きですね。

元々、漢方が好きというのもありますが、飲み頃になったらパッと花が開くお茶があるんですよ。あれがかわいい。

あとは…辛いものが好きですね!蒙古タンメン中本とかニュータンタンメンとか、めっちゃ好きです笑

他にはなんだろうな…。家庭菜園とかもしていますよ。紫蘇とか簡単に育てられます。

── 意外と多趣味ですね!笑 これからやってみたいことはあるんですか?

蒼井ゆめ:お客さまのお話を聞いてると、キャンプとゴルフには挑戦してみたいですね。

キャンプは元々やりたくて、川釣りとかめっちゃやってみたいし、ホールの自然の話やゴルフ仲間と一緒に回る話を聞くと、ゴルフも楽しそうだなと思って。

いつも思うのですが、お客さまから聞く「私の知らない世界」はいいですね。変化があまりなくなってきているので、そこから刺激をもらっています。

だらけられる空間を。お客さまが最大限リラックスできるおもてなし

── 今後、マギカスパをどんな空間(お店)にしていきたいですか?

蒼井ゆめ:だらけに来てくれる人が増えたらいいな」と思います。

お客さまから千手観音や菩薩、人をダメにするソファみたいって言われるんですけど、落ち着いてリラックスできる空間を提供したいです。

普段頑張ってる人も、ここでは思う存分にだらけられる。実際、そういう方もいます笑

── いいですね。今日、僕もリラックスできてる気がします。

蒼井ゆめ:いや、もっとですよ!そのソファで泥のように寝っ転がる方いますから笑

── マジすか笑

蒼井ゆめ:でも、そういう姿を見ると嬉しいですね!だからお客さまの体調に合わせて、お茶やお香を変えていたりするんです。

初めましての方だとなかなか難しいんですけど、本指名のお客さまの体調面などはよく見るようにしています。あとは好きな匂いとか好きなお香とかがある方がいれば、それも意識していますね。

── 蒼井さん、気遣いの塊じゃないですか…。

蒼井ゆめ:やっぱり、「ここに来て良かった」と思ってほしいですしね。元気になりたいときに来る場所としていられたら、私は本望です。

── 最後に、中長期的にどうなっていたいとかあるんですか?

蒼井ゆめ:メンズエステのオーナーはもしかしたらあと1年くらいかも?と思っていたりはします。

もう少し長い目でみると、スポーツ整体とかやっていきたいですね。身ひとつで稼げる方法は見つけてきているので、(中長期的には)挑戦してみたいです。

もちろん、メンズエステはまだ辞めないので、そこも追求していきたいですね。来てくれるお客さまがいる限り、頑張っていきたいと思います。

── ありがとうございました。

インタビューを終えて

オーナーになった直後の苦悩などを赤裸々に話してくれた蒼井さん。

さまざまなことを乗り越えて今があり、そしてこれからも何かに直面しても、きっと乗り越えていけるだろう、強い気持ちを感じました。

お客さまと真摯に向き合い、ひとりひとりのトリートメントに変化を加えてきた彼女は、もっと進化し続けるでしょう。

いつか業界を去ったとしても、蒼井さんがいる限りマギカスパはずっと「だらけられる空間」に違いありません。

インタビュイー

蒼井ゆめ

蒼井ゆめ さん

▼蒼井ゆめさんのメンズエステ体験はこちら▼

マギカスパ「蒼井ゆめ」まさにゴッドハンド! 神業連続のトリートメントで体も軽々 フリーランス「蒼井ゆめ」ラブスネーク復活! オイルドバドバの濃厚密着は伝説級 フリーセラピスト 渋谷「蒼井ゆめ」上手い、上手すぎる! 心身が整う最強トリートメント

蒼井ゆめさんが所属している店舗

マギカスパ
マギカスパ
エリア渋谷
業種メンズエステ
電話番号なし
営業時間12:00〜22:00